- >

COVID-19 プロトコル

I-RECOVER:ワクチン接種後の治療

I-RECOVER:ワクチン治療後のロゴ

ワクチン接種後症候群の管理

主要な公衆衛生当局は、COVIDワクチン接種後の負傷を認識していません。 そして、この病気のための特定のICD分類コードはありません。 ただし、公式の定義は存在しませんが、 COVID-19 ワクチンと臨床症状の開始または悪化は、 COVID-19 症状が他の同時原因によって説明されていない場合のワクチン誘発性傷害。

ワクチンで負傷した患者の管理を詳述した報告は公表されていないため、私たちの治療アプローチは、想定される病因メカニズム、臨床観察、および患者の逸話に基づいています。 治療は、各患者の症状や疾患症候群に応じて個別化する必要があります。 すべての患者が同じ介入に等しく反応するわけではない可能性があります。 特定の介入は、ある患者にとっては命を救い、別の患者にとってはまったく効果がない場合があります。

早期治療が不可欠です。 治療が遅れると、治療に対する反応が弱まる可能性があります。

詳細な手順とソースについては、ダウンロードしてください ワクチン接種後症候群の管理へのアプローチ PDFファイル。

I-RECOVER:ワクチン接種後の治療

バージョン3、8年2022月XNUMX日